認定までの流れと期間はこうだ

弁護士による後遺障害認定への対抗策は?

このページでは、「弁護士による後遺障害認定への事前、事後の対抗策」について徹底調査した結果を報告しています。

弁護士に依頼すると後遺障害認定にどのように対抗してもらえるのか!?

後遺障害の認定って、被害者ではどうすることもできないんでしょうか?

後遺障害の認定前と認定後に分けて、それぞれ弁護士の関与する有効な対抗策があるよ。

ということは、万が一があっても泣き寝入りしなくて済むかもしれないんですね!

交通事故の被害者が、自賠責保険制度において後遺障害を認定してもらえるか否かで、その後の賠償額が大きく変わることになる。被害者としては、後遺障害認定への対抗策を理解しておくべきだろう。

後遺障害認定が出る以前の段階での弁護士による対抗策としては、被害者請求弁護士名義の意見書がある。弁護士に依頼しなければ、任意保険会社による事前認定でなすがままになってしまうので、注意が必要だ。

後遺障害認定が出てしまった後の段階では、被害者本人だけでは泣き寝入りして低い賠償額に甘んじてしまうことは少なくない。弁護士に依頼すれば、異議申立て自賠責紛争処理機構に対する調停申立て裁判の3種類の対抗策がある。

交通事故では、後遺障害認定の成否が賠償額を大きく左右するので、弁護士に依頼して各段階での対抗策をうまく活用していくことが大切だね。

(まとめ表)

弁護士あり

弁護士なし

認定前 ・被害者請求で対抗
・弁護士名義の意見書で対抗
保険会社のなすがまま
認定後 ・異議申立てで対抗
・自賠責紛争処理機構の調停で対抗

・裁判で対抗
不利な認定結果に泣き寝入り

弁護士による事前の対抗策にはどのような効果があるの!?

後遺障害の認定を受ける前に、何か対策をとっておきたいです。

事前の対抗策としては、被害者請求と弁護士名義の意見書があるよ。できれば併用して効果を最大限に生かしたいね。

併用することで効果が上がるんですね。

交通事故被害者の後遺障害認定について、弁護士による事前の対抗策として、被害者請求の手続をとることと、弁護士名義の意見書を提出することがある。この2つの方法を併用するとより効果的だ。

通常、交通事故被害者が加害者側の任意保険会社に後遺障害診断書を提出すると、事前認定という制度で手続が行われる。

事前認定では、保険会社は形式的に書類を準備するとともに、顧問医や担当者による不利な意見書を添付して、後遺障害を申請することになる。いわば、交通事故被害者は、保険会社のなすがままになっている状況であるといえる。

一方、被害者が弁護士に依頼して被害者請求の手続をとってもらえば、自賠責の認定基準に沿った医療関係資料を準備して提出することができ、事前認定に比べて有利な認定結果を得られる可能性が大幅に高まることになる。

また、被害者請求の際、弁護士名義の意見書を添付してもらうとより効果的だね。

意見書の中で、被害者の後遺障害の診断結果や検査結果が、自賠責の認定基準に当てはまることを論理的かつ説得的に記載してもらえれば、審査担当者により上位の後遺障害を認定してもらえる可能性が高まる。

(まとめ表)

事前の対抗策

あり

なし

弁護士による被害者請求 認定基準に沿った必要書類を提出し、有利な認定結果が得られる可能性が高まる。 認定基準に沿った書類を提出できない。
弁護士名義の意見書 論理的・説得的な意見書により、より上位の認定結果を獲得できる可能性が高まる。 認定基準に当てはまることについての意見を伝えられない。

弁護士による事後の対抗策のうち、どれを利用すればいいのか!?

後遺障害の認定が出てしまったら、もう諦めるしかないのでしょうか?

事後の対抗策としては、3種類の方法があるね。一つの方法だけを選ぶというよりは、順番に試していくイメージだよ。

認定後でも、3つも対抗策があるんですね。良かったです。

後遺障害の認定がすでに出てしまった場合でも、諦めるのはまだ早い。弁護士に依頼すれば、複数の方法で認定結果に対する対抗策をとることができるよ。

オーソドックスな対抗策として、異議申立てという方法がある。異議申立書と添付書類を提出するだけで申立てができて、時効期限までは回数も無制限である点がメリットだ。認容率が約5%と極めて低い点が難点だが、利用してみる価値はありそうだ。

自賠責に対する最終的な対抗策としては、自賠責保険紛争処理機構に対する調停申立てという方法がある。異議申立てで認容されない事案であっても、約7~10%の割合で認容してもらえることがあるそうだ。

これら2つの方法は、あくまで自賠責の認定基準に基づく審査しかできない点が難点だ。認定基準を満たさなくても、認定されるべき後遺障害というものもあるからだ。その場合には、最終的な対抗策として、裁判を起こすという方法がある。

裁判では、自賠責の認定基準に拘束されない柔軟な判断が可能になるというメリットもある。しかし、実際には裁判官が自賠責の認定結果を重視することが多いので、できる限り他の2つの方法を試してみてから、最終手段として裁判を起こすのが望ましいね。

一度出てしまった認定結果を覆すのはすごくハードルが高い。後遺障害認定に強い弁護士に手続を依頼することで、対抗策が成功して等級認定を獲得できる可能性が大きく高まることになるよ。

アトム法律事務所では、LINEでの24時間体制無料相談を受け付けているから、一度気軽に相談してみるといいだろうね。

(まとめ表)

メリット

デメリット

異議申立て ・異議申立書と添付書類の提出だけで申立てが可能
・回数は無制限
認容率が約5%と極めて低い
自賠責保険紛争処理機構への調停申立て 異議申立てで認容されない事案でも、認容される可能性あり あくまで自賠責の認定基準に基づく審理しかできない
裁判 自賠責の認定基準に拘束されない解決が可能 裁判官によっては、自賠責の判断を追認する傾向あり
LINEアカウントでお得な無料相談を受ける!上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます
上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます LINEアカウントでお得な無料相談を受ける

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

アトムの示談金の増額実績

無料出張相談

重傷を負ったご家族の介護や付き添いで忙しくありませんか?

ご家族が交通事故で後遺障害を伴う重傷を負われたケースなど、一定の条件を満たす場合は、弁護士が無料であなたのところに無料出張し、慰謝料増額のための法律相談を行います。

無料出張相談

ご家族が交通事故で後遺障害を伴う重傷を負われたケースなど、一定の条件を満たす場合は、弁護士が無料であなたのところに無料出張し、慰謝料増額のための法律相談を行います。

「 全国対応の無料出張相談 」


全国10か所に事務所があるアトム法律事務所ならではのサービスです。

無料相談を利用する。

弁護士が慰謝料の増額を診断する。

  • 無料の出張訪問相談は一部の案件に限られます。
  • ご家族が重傷を負って介護で忙しい案件を想定しています。
  • 条件に該当しない場合は、無料出張相談はできません。
  • まずは無料相談であなたの話を聞かせてください。

弁護士が出張訪問する。

  • 相談料は無料0円です。
  • 慰謝料の増額や後遺障害の認定を相談することができます。
  • そのまま弁護活動を依頼すれば事件の解決がスムーズです。

弁護士に弁護活動を依頼する。

  • 着手金は無料0円です。
  • 弁護士費用は賠償金受領後の後払い制です。
  • 弁護士費用特約を使うことができます。
アトムの弁護士による示談金の増額実績
詳しくはこちら

交通事故LINE弁護団のご案内

アトムの「交通事故LINE弁護団」を友だち登録すれば、以下のメリットを無料で受けられます。
LINEアカウントでお得な無料相談を受ける!上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます
LINEアカウントでお得な無料相談を受ける!上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます LINEアカウントでお得な無料相談を受ける

アトム法律事務所のご紹介

アトム法律事務所は、後遺障害を負った被害者の救済に精力的に取り組む弁護士事務所です

あなたの慰謝料が正しいか今すぐ診断 電話で弁護士に相談する 0120-465-911 LINEで弁護士に無料相談する メールで弁護士に無料相談する

はじめよう、LINEで弁護士に無料相談

© 2016 Takeshi Okano RM Last Updated June 2017