頭部の後遺障害入門

外傷性てんかんの慰謝料入門

このページでは、弁護士が「外傷性てんかんの基礎知識、認定基準と慰謝料相場、最近の判例の傾向」について解説しています。

外傷性てんかんの基礎知識

交通事故のあとに、てんかんの症状が発生した場合、後遺症として認めてもらえるんですか?

外傷性てんかん」と診断されれば、後遺症の認定を受けられる可能性があります。

外傷性てんかんについて、基本から教えてください!

「外傷性てんかん」とは

てんかんとは、大脳が過剰に興奮すること(突発的発射という)が原因で2回以上のけいれん発作を起こす慢性の脳疾患をいう。

てんかんの症状と見誤りやすいものとしては、失神、心因発作、脳卒中、不整脈発作などがある。

外傷性てんかんとは、交通事故などによって頭部に怪我を負った後に発症するてんかん症状をいうが、外傷とてんかん発作との因果関係が必ずしも明らかではないため、「外傷後てんかん」と呼ばれることもある。

外傷性てんかんの分類

てんかんについては、その発症のタイミングで3つの分類がされることが多い。

頭部に怪我を負ってから24時間以内に2回以上のてんかん発作を発症するものは、「超早期てんかん」と呼ばれている。外傷後7日以内のてんかん発作は「早発てんかん」という。

いずれも、頭部外傷に伴うてんかん症状であることには変わりない。しかし、「外傷性てんかん」は、頭部外傷から8日以降に発症する「晩発てんかん」を指すのが一般的だ。

ただし、超早期てんかんや早発てんかんを発症したことは、外傷性てんかんの後遺症が残る危険因子として位置付けられている。

てんかん発作の時期 備考
超早期てんかん 外傷後24時間以内 外傷性てんかんに至る危険因子のひとつ
早発てんかん 外傷後7日以内
晩発てんかん 外傷後8日以降 「外傷性てんかん」とはこの分類を指すことが多い。

外傷性てんかんの診断基準

外傷性てんかんの診断にあたっては、①てんかんであることの診断と②脳の外傷に起因するてんかん発作であることの診断のいずれもが必要となる。

① てんかんであることの診断

てんかんの疑いがある場合には、患者の脳波を記録して、てんかん性放電や非突発性の異常所見がないかどうかを確認する。脳波と過去の病歴などから、臨床の専門医がてんかんの臨床診断を行うことになる。

さらに、てんかんの臨床診断が疑われる患者は、原則としてMRIまたはCTによる神経画像検査を受けるべきである。脳に器質的異常があれば、他覚的所見からてんかんの診断が可能になる。

② 脳の外傷に起因するてんかん発作であることの診断

脳波などの検査結果は、てんかんの診断には役立っても外傷性てんかんの診断には役立たない。

外傷性てんかんの診断基準としては、Walkerの基準が有名である。

【Walkerの基準】

(1)てんかん発作の症状が起きている

(2)外傷以前にはけいれんを起こしていない

(3)他に脳または全身疾患を持たない

(4)外傷は脳損傷をおこしうるほどに強かった

(5)最初のてんかん発作は、外傷以来あまり経過していない時期に起こった

(6)てんかん型、EEG、脳損傷部位が一致している

なお、外傷性てんかんでは、脳損傷部位に合致した低吸収域が認められることがあるため、CTやMRIなどの画像所見により客観的な脳損傷を立証できることが大切になる。

頭部外傷

頭部外傷(出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』)

てんかんの後遺障害の基準は?慰謝料相場は?

てんかんが後遺症として認められるには、どういう基準で判断されるのですか?

てんかんの頻度がどれくらいか、てんかん発作時に転倒や意識障害を伴うかによって、等級判断がされますよ。

なるほど、てんかん発作の頻度と症状の重さによって後遺症が判断されるわけですね。

交通事故による頭部外傷が原因で、てんかん発作が続く場合には、てんかんの頻度と程度に応じて後遺障害等級が認定されることになる。

てんかんの頻度としては、1か月に1回以上なのか、数か月に1回以上なのかによって基準が分かれる。てんかん発作の抑制の薬を服用せずに1年に1回程度しかてんかん発作が起こらない場合には、12級に認定される可能性があるにとどまる。

また、てんかんの症状の程度としては、「意識障害の有無を問わず転倒する発作」や「意識障害を伴い状況にそぐわない行為を示す動作」などがあるかどうかによって、等級が異なってくる。

てんかん症状がこれらの基準を満たした場合であっても、「事故とてんかんとの因果関係」が問題になることが多い。

事故による脳外傷が、MRI画像などにより確認できれば因果関係が認められる可能性が高まるといえる。一方、画像所見がない場合には、先に紹介したWalker基準などにあてはめて因果関係が判断されることになるだろう。

(まとめ表)

等級 てんかん発作の頻度 てんかん発作の程度 慰謝料相場
5級 1か月に1回以上 転倒または意識障害あり 1400万円
7級 数か月に1回以上 転倒または意識障害あり 1000万円
1か月に1回以上 転倒または意識障害なし
9級 数か月に1回以上 転倒または意識障害なし 690万円
発作の継続なし 服薬継続により発作が抑制されている
12級 発作なし 脳波上に明らかにてんかん性棘波をみとめる 290万円

外傷性てんかんについての最近の判例は?

てんかんの症状があっても、脳の画像に写らず、脳波の所見もないときはどうすればいいですか?

自賠責では後遺症として認定してもらえないことが多いため、民事裁判を起こす必要がありそうですね。

民事裁判を起こすには、最近の判例の傾向をしっかり確認しておく必要がありそうですね!

交通事故による外傷性てんかんについては、過去の裁判例のなかで事故とてんかんとの因果関係が争われている。

とくに、事故における頭部への衝撃が小さい場合には、そもそも外傷性てんかんに当たるのか否かが問題になることが多い。

過去の判例では、脳波検査や脳の画像所見に異常がないことを理由として、事故とてんかんとの因果関係を否定したものもある。

一方、事故以前にはてんかん症状を発症したことはなく、専門医からてんかんの診断も受けていること、てんかん治療を継続していることなどから、因果関係を肯定したものもある。

自賠責保険における後遺障害認定においては、脳波の異常所見や画像所見などが非常に重視される。そのような所見がない場合には、民事裁判を起こさなければ適正な補償を受けられないことも多いといえるだろう。

(まとめ表)

判例年月日 因果関係の判断 概要
東京地裁H11.11.26 否定 脳波検査の異常なし、画像所見なし
神戸地裁H15.2.20 肯定 事故以前のてんかん症状はなく、てんかんの診断を受けてから治療を継続している。
大阪地裁H15.6.27 肯定 Walkerの診断基準に該当するとともに、医師が外傷性てんかんと診断している。
LINEアカウントでお得な無料相談を受ける!上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます
上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます LINEアカウントでお得な無料相談を受ける

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

アトムの示談金の増額実績

無料出張相談

重傷を負ったご家族の介護や付き添いで忙しくありませんか?

ご家族が交通事故で後遺障害を伴う重傷を負われたケースなど、一定の条件を満たす場合は、弁護士が無料であなたのところに無料出張し、慰謝料増額のための法律相談を行います。

無料出張相談

ご家族が交通事故で後遺障害を伴う重傷を負われたケースなど、一定の条件を満たす場合は、弁護士が無料であなたのところに無料出張し、慰謝料増額のための法律相談を行います。

「 全国対応の無料出張相談 」


全国10か所に事務所があるアトム法律事務所ならではのサービスです。

無料相談を利用する。

弁護士が慰謝料の増額を診断する。

  • 無料の出張訪問相談は一部の案件に限られます。
  • ご家族が重傷を負って介護で忙しい案件を想定しています。
  • 条件に該当しない場合は、無料出張相談はできません。
  • まずは無料相談であなたの話を聞かせてください。

弁護士が出張訪問する。

  • 相談料は無料0円です。
  • 慰謝料の増額や後遺障害の認定を相談することができます。
  • そのまま弁護活動を依頼すれば事件の解決がスムーズです。

弁護士に弁護活動を依頼する。

  • 着手金は無料0円です。
  • 弁護士費用は賠償金受領後の後払い制です。
  • 弁護士費用特約を使うことができます。
アトムの弁護士による示談金の増額実績
詳しくはこちら

交通事故LINE弁護団のご案内

アトムの「交通事故LINE弁護団」を友だち登録すれば、以下のメリットを無料で受けられます。
LINEアカウントでお得な無料相談を受ける!上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます
LINEアカウントでお得な無料相談を受ける!上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます LINEアカウントでお得な無料相談を受ける

アトム法律事務所のご紹介

アトム法律事務所は、後遺障害を負った被害者の救済に精力的に取り組む弁護士事務所です

あなたの慰謝料が正しいか今すぐ診断 電話で弁護士に相談する 0120-465-911 LINEで弁護士に無料相談する メールで弁護士に無料相談する

はじめよう、LINEで弁護士に無料相談

© 2016 Takeshi Okano RM Last Updated June 2017