顔眼鼻口の後遺障害マニュアル

耳の後遺障害の慰謝料マニュアル

このページでは、弁護士が交通事故による難聴・聴力障害、耳鳴り、耳漏の後遺障害の慰謝料について解説しています。

難聴・聴力障害の基礎知識

先日、左折してきた車と接触する交通事故に遭いました。その時から、何だか耳が遠いような感じがするのですが、交通事故により耳が聞こえなくなることはあるのでしょうか。

はい。あります。様々なケースがありますが、最も多いのは、交通事故の衝撃により耳の「内耳」という部分に影響が出る、内耳振盪症と呼ばれる症状です。

なるほど。交通事故が原因の難聴や聴力障害もあるのですね。なんとかこの症状を裁判所に後遺症として認定してもらいたいです。

交通事故による難聴・聴力障害の原因は?

交通事故による難聴・聴力障害の原因としては、様々なものがありますが、ここでは代表的な3つの原因を紹介します。

内耳振盪症

最も一般的な原因と言えます。耳の最も内側にある内耳には、リンパ液と呼ばれる液体が通っており、交通事故の衝撃によりこのリンパ液が振動することにより、難聴等の症状が発生します。

側頭骨の骨折

交通事故により、耳周辺の頭蓋骨が骨折することにより、耳の各器官が障害を受け、難聴や聴力障害を引き起こします。

外リンパ瘻(ろう)

交通事故の衝撃により、内耳の一部に穴があき、中のリンパ液が漏れ出すことをいいます。難聴等の症状の他、外リンパ瘻特有の耳鳴りが生じ、手術が必要となることもあります。

人の耳(紫色が内耳)1.骨導、2.外耳道、3.耳殻、4.鼓膜、5.前庭窓、6.槌骨、7.砧骨、8.鐙骨、9.三半規管、10.蝸牛、11.聴神経、12.耳管

外リンパ瘻(ろう)

(出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』)

聴力検査を実施する時期と検査方法

交通事故による難聴や聴力障害の後遺症認定のための検査は、療養を行い、その症状が固定化された状況で行います。

検査方法としては、一定の音が聞こえるかを検査する、純音聴力検査と呼ばれる方法と、言葉の聞き取りの能力を検査する語音聴力検査があります。

平均純音聴力レベルとは

平均純音聴力レベルとは、難聴や聴力障害の後遺症認定の基準となる数値で、純音聴力検査の2回目と3回目の数値の平均で算定されます。一般的に、30dB(デシベル)以下の数値が正常な範囲であると言われ、40dBを超えると難聴や聴覚障害の後遺症認定がされる場合があります。

聴力障害の後遺障害認定基準の具体例

聴力検査の結果と後遺障害等級との関係は、以下に示す表のとおりです。

聴力障害の後遺障害認定基準の具体例
聴力障害の後遺障害認定基準の具体例2

これらの表から分かる通り、後遺症等級の認定は、純音聴力検査の結果としての聴力(平均純音聴力)と、語音聴力検査の結果としての最高明瞭度の数値のバランスによって決定されます。

そして、後遺症認定を受けるための最低数値は、聴力については40dB以上、最高明瞭度については70%以下であることが必要になります。

耳鳴り・耳漏・耳の欠損の後遺障害

交通事故に遭った後から、耳鳴りがすごいです。耳鳴りも後遺症として認定されたりするのでしょうか。

認定される場合もあります。その場合、耳鳴りが交通事故を原因として生じていることを立証することが重要となります。

いわゆる因果関係の立証が重要になってくるのですね。

耳鳴りの後遺障害

交通事故により耳鳴りが生じる理由としては、外傷を原因とする場合と、心因的な側面を原因とする場合があります。

外傷性の理由として一般的なのは、むちうちに伴う耳鳴りです。

現在、交通事故でむちうち状態となった患者のうち、約10%の患者に耳鳴りが生ずることが確認されています。頚椎周辺の損傷により、交感神経の活動が異常化し、耳につながる血管が収縮・拡張することが原因と考えられています。

心因的な側面での理由としては、交通事故に伴うストレスが原因となっていることが多いです。ストレスを受けることにより交感神経の活動が活発化し、血管が拡張することが原因と考えられています。

耳鳴りについての後遺障害等級認定基準は、以下の通りです。

後遺障害の内容
12級相当 耳鳴りにかかる検査によって難聴に伴い著しい耳鳴りが常時あると評価できる
14級相当 難聴に伴い受持耳鳴りがあることが合理的に説明できる

この表の、「耳鳴りにかかる検査」とは、「ピッチ・マッチ検査」「ラウドネス・バランス検査」をいいます。「ピッチ・マッチ検査」では、耳鳴りの音の高さを検査し、「ラウドネス・バランス検査」では、耳鳴りの音の大きさを検査します。

耳漏の後遺障害

耳漏(じろう)とは、耳の中に溜まった液体が、鼓膜が破れることにより外部に出てくる症状を言います。交通事故においては、事故の衝撃により、脳脊髄液という脳を包んでいる液体が漏れ出すことによって生じることが多いとされています。

耳漏についての後遺障害等級認定基準は、以下の通りです。

後遺障害の内容
12級相当 鼓膜の外傷性穿孔による耳漏が常時あるもの
14級相当 鼓膜の外傷性穿孔による耳漏があるもの
14級相当 外傷による外耳道の高度の狭さくで耳漏を伴わないもの

耳の欠損の後遺障害

交通事故の衝撃により、耳の一部が失われてしまうことがあります。以下の通り、耳の半分以上を失ってしまった場合に限り、12級の後遺症等級認定がされることとなります。

後遺障害の内容
12級 耳の軟骨部の1/2以上を欠損したもの

また、仮に両耳について欠損が生じてしまった場合には、1つの耳ごとに等級を定め、それらを併合して認定することとなります。

耳の欠損と醜状障害との関係

耳の欠損により、その外観に醜状を残すと認められる場合には、耳の欠損による後遺症等級認定に加え、醜状障害としての後遺症等級認定がされることがあります。その場合、耳の欠損の後遺障害等級と醜状障害の後遺障害等級のいずれか上位の等級により認定されます。

耳の欠損に伴う醜状状態の後遺障害等級認定基準は、以下の表の通りです。

そのため、耳を1/2以上失った場合には、耳の欠損障害としての12級よりも、醜状障害(しゅうじょうしょうがい)としての7級のほうが等級が重いため、7級が認定されることになります。

また、耳を一部失ったにすぎないために、耳の欠損障害として12級に当たらない場合でも、醜状障害として12級に認定されることになります。

耳の軟骨部の1/2以上の欠損 耳の軟骨部の一部(1/2未満)の欠損
7級(醜状障害) 12級(醜状障害)

耳の障害に関する裁判例の慰謝料相場は?

耳の障害について、交通事故の相手方に慰謝料請求をした場合の相場はどれくらいですか?

状況によって様々です。金額にして、100万円程度のものから、重い障害が生じた場合には700万円程度請求できる場合もあります。

そんなに違うのですね。では、早速私はどれくらいの慰謝料の請求ができるのか、確認していただきたいです。

耳の障害に関する慰謝料請求についての裁判例をいくつかご紹介します。

判例年月日 後遺障害の内容 後遺障害の等級 後遺障害慰謝料
高松地判
昭和61.9.19
難聴、耳鳴り 9級9号 不明
東京地判
平成6.1.25
難聴等 12級 300万円
神戸地判
平成7.12.19
聴力障害、耳鳴り 14級 150万円
大阪地判
平成13.8.28
難聴等 9級9号 不明
大阪地判
平成16.6.15
難聴等 9級9号 616万円
東京地判
平成19.11.5
片耳の聴力喪失 9級9号 700万円
岡山地判
平成21.5.28
聴力障害 11級 420万円

このように、同じような難聴や聴力障害についても、その具体的な事情に応じてかなり慰謝料の金額に開きがあることが分かります。軽微なものだと100万円程度、重いものだと700万円もの慰謝料を請求できることになります。

また、難聴などの障害によって仕事に支障が出て、将来的に年収が下がる可能性がある場合には、慰謝料とは別に逸失利益を請求できます。ケースによりますが、逸失利益のほうが金額的には慰謝料額よりも高額になることも多いのです。

慰謝料や逸失利益の金額は、具体的な事情によって大きく異なるため、被害を受けた本人が正確にその相場を見極めることは困難です。

そのため、早めに交通事故に強い弁護士に相談をし、具体的な慰謝料の目安等を確認することが重要となってきます。

LINEアカウントでお得な無料相談を受ける!上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます
上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます LINEアカウントでお得な無料相談を受ける

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

アトムの示談金の増額実績

無料出張相談

重傷を負ったご家族の介護や付き添いで忙しくありませんか?

ご家族が交通事故で後遺障害を伴う重傷を負われたケースなど、一定の条件を満たす場合は、弁護士が無料であなたのところに無料出張し、慰謝料増額のための法律相談を行います。

無料出張相談

ご家族が交通事故で後遺障害を伴う重傷を負われたケースなど、一定の条件を満たす場合は、弁護士が無料であなたのところに無料出張し、慰謝料増額のための法律相談を行います。

「 全国対応の無料出張相談 」


全国10か所に事務所があるアトム法律事務所ならではのサービスです。

無料相談を利用する。

弁護士が慰謝料の増額を診断する。

  • 無料の出張訪問相談は一部の案件に限られます。
  • ご家族が重傷を負って介護で忙しい案件を想定しています。
  • 条件に該当しない場合は、無料出張相談はできません。
  • まずは無料相談であなたの話を聞かせてください。

弁護士が出張訪問する。

  • 相談料は無料0円です。
  • 慰謝料の増額や後遺障害の認定を相談することができます。
  • そのまま弁護活動を依頼すれば事件の解決がスムーズです。

弁護士に弁護活動を依頼する。

  • 着手金は無料0円です。
  • 弁護士費用は賠償金受領後の後払い制です。
  • 弁護士費用特約を使うことができます。
アトムの弁護士による示談金の増額実績
詳しくはこちら

交通事故LINE弁護団のご案内

アトムの「交通事故LINE弁護団」を友だち登録すれば、以下のメリットを無料で受けられます。
LINEアカウントでお得な無料相談を受ける!上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます
LINEアカウントでお得な無料相談を受ける!上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます LINEアカウントでお得な無料相談を受ける

アトム法律事務所のご紹介

アトム法律事務所は、後遺障害を負った被害者の救済に精力的に取り組む弁護士事務所です

あなたの慰謝料が正しいか今すぐ診断 電話で弁護士に相談する 0120-465-911 LINEで弁護士に無料相談する メールで弁護士に無料相談する

はじめよう、LINEで弁護士に無料相談

© 2016 Takeshi Okano RM Last Updated June 2017