弁護士基準の具体例

後遺障害9級6号のそしゃくと言語機能障害、慰謝料の算出は?

<慰謝料相談例>

おはようございます。私の姉が島根県で交通事故に遭い後遺障害で悩んでいます。

相手方の保険会社から慰謝料その他、計946万円を出すと書類で伝えられましたが、その金額は適正額と言えるか、わかりません。慰謝料の算出を説明してください。

この事務所では後遺障害の慰謝料を弁護士にLINEメール無料相談できるとのことで、連絡しました。

姉の後遺障害は、「そしゃくと言語機能障害」と専門の医者の先生に言い渡され、後遺障害第9級6号「咀嚼及び言語の機能に障害を残すもの」と認定されました。

交通事故被害者ご本人の情報
事故~治療終了 354日間
入院期間 81日間
休業日数 119日
事故時の年齢 36歳
事故前の年収 572万円

<慰謝料に詳しい弁護士の回答>

ご相談の事故における弁護士基準の慰謝料と示談金の概算値は、以下の通りです。保険会社から提示された慰謝料は、適正額ではない可能性があります。

慰謝料と示談金概算値
入通院慰謝料 218万円
後遺障害慰謝料 690万円
休業損害 272万円
逸失利益 3121万円
総額 4302万円

<弁護士アドバイス>

弁護士に保険会社との折衝を依頼すると、適正な後遺障害の慰謝料を受け取ることができます。アトムでは、人身事故に遭った方やそのご家族を対象として、LINEメール無料相談を実施しております。お気軽にご相談ください。

保険会社提示額 弁護士基準 差額
946万円 4302万円
3355万円

※よくある事例に基づいて構成した相談例です。実例ではありません。

後遺障害9級5号の鼻の欠損障害、示談金の基準は?

<示談金相談例>

質問させてください。先般、私の母親が北海道で交通事故で、後遺障害に悩まされています。

母親の後遺障害は、「鼻の欠損障害」と専門のドクターに告げられ、後遺障害第9級5号「鼻を欠損し、その機能に著しい障害を残すもの」に認定されました。

この事務所では後遺障害の示談金の件で弁護士にLINEメール相談可能と見て、問い合わせしました。

損保会社の担当者から示談金などで計1716万円の支給を示されましたが、その金額は妥当か、疑問です。示談金の基準をご説明ください。

交通事故被害者ご本人の情報
事故~治療終了 251日間
入院期間 60日間
休業日数 94日
事故時の年齢 37歳
事故前の年収 752万円

<示談金に詳しい弁護士の回答>

保険会社から提示された示談金は、妥当ではない可能性があります。ご相談の事故の弁護士基準の慰謝料と示談金の概算値は、以下の通りです。

慰謝料と示談金概算値
入通院慰謝料 183万円
後遺障害慰謝料 690万円
休業損害 282万円
逸失利益 4046万円
総額 5202万円

<弁護士アドバイス>

弁護士に損保会社との対応を依頼すると、妥当な金額の後遺障害の示談金を受け取ることができます。アトムでは、人身事故に遭った方やそのご家族を対象として、LINEメール無料相談を行っております。お気軽にご相談ください。

保険会社提示額 弁護士基準 差額
1716万円 5202万円
3485万円

※よくある事例に基づいて構成した相談例です。実例ではありません。

後遺障害12級2号のまぶたの運動障害、示談金の算定方法は?

<示談金相談例>

相談したいです。亭主が、富山県で交通事故の災難にあって、後遺障害を負いました。

こちらの事務所では後遺障害の示談金のことで弁護士に電話無料相談できると見て、LINEしました。

相手側の損害保険会社から示談金を含めて合計390万円を言われましたが、その金額は十分か、不服です。示談金の算定方法について詳しく説明してください。

亭主の後遺障害は、「まぶたの運動障害」であると専門の医者に言い渡され、後遺障害第12級2号「一眼のまぶたに著しい運動障害を残すもの」と認定されました。

交通事故被害者ご本人の情報
事故~治療終了 226日間
入院期間 88日間
休業日数 104日
事故時の年齢 36歳
事故前の年収 528万円

<示談金に詳しい弁護士の回答>

ご相談のケースにおける弁護士基準の慰謝料と示談金の概算値は、以下の通りです。保険会社から提示された示談金は、十分ではない可能性があります。

慰謝料と示談金概算値
入通院慰謝料 198万円
後遺障害慰謝料 290万円
休業損害 219万円
逸失利益 1152万円
総額 1861万円

<弁護士アドバイス>

弁護士に損害保険会社との交渉を依頼すると、十分な額の後遺障害の示談金を受け取ることができます。アトムでは、人身事故に遭った方やそのご家族を対象として、電話無料相談を行っております。お気軽にご相談ください。

保険会社提示額 弁護士基準 差額
390万円 1861万円
1470万円

※よくある事例に基づいて構成した相談例です。実例ではありません。

後遺症12級7号のひざの機能障害、示談金の額は?

<示談金相談例>

私の従兄が福岡県で交通事故にあって、後遺症を負っています。

相手方の保険会社から示談金その他の名目で総計260万円を言われましたが、その金額は相応といえるか、不安です。示談金の額を詳しく説明してください。

従兄の後遺症は、「左膝の機能障害」であると専門の医者の先生に診断され、後遺症第12級7号「一下肢の三大関節中の一関節の機能に障害を残すもの」と認められました。

こちらの事務所では後遺症の示談金のことを弁護士にLINEメール無料相談可能と見て、LINEしました。

交通事故被害者ご本人の情報
事故~治療終了 95日間
入院期間 32日間
休業日数 49日
事故時の年齢 62歳
事故前の年収 293万円

<示談金に詳しい弁護士の回答>

保険会社から提示された示談金は、相応ではない可能性があります。ご相談のケースにおける弁護士基準の慰謝料と示談金の概算値は、以下の通りです。

慰謝料と示談金概算値
入通院慰謝料 102万円
後遺障害慰謝料 290万円
休業損害 57万円
逸失利益 340万円
総額 790万円

<弁護士アドバイス>

弁護士に保険会社との交渉をさせると、相応な金額の後遺症の示談金を受け取ることができます。アトムでは、人身事故に遭った方やそのご家族を対象として、LINEメール無料相談を行っております。お気軽にご相談ください。

保険会社提示額 弁護士基準 差額
260万円 790万円
529万円

※よくある事例に基づいて構成した相談例です。実例ではありません。

後遺障害12級2号のまぶたの運動障害、示談金の裁判基準は?

<示談金相談例>

相談いいですか?私の妻が、富山県で交通事故の災難にあい、後遺障害で悩まされています。

損保会社の担当者から示談金を含めて計442万円の支払いを書類で伝えられましたが、その金額は正当なのか、疑わしいです。示談金の裁判基準について詳しく教えてください。

この事務所では後遺障害の示談金を弁護士に電話無料相談できると聞いて、TELしました。

妻の後遺障害は、「右まぶたの運動障害」と専門の病院に診断され、後遺障害第12級2号「一眼のまぶたに著しい運動障害を残すもの」と認定されました。

交通事故被害者ご本人の情報
事故~治療終了 272日間
入院期間 100日間
休業日数 136日
事故時の年齢 50歳
事故前の年収 753万円

<示談金に詳しい弁護士の回答>

ご相談の事故における弁護士基準の慰謝料と示談金の概算値は、以下の通りです。保険会社から提示された示談金は、正当ではない可能性があります。

慰謝料と示談金概算値
入通院慰謝料 218万円
後遺障害慰謝料 290万円
休業損害 409万円
逸失利益 1188万円
総額 2106万円

<弁護士アドバイス>

弁護士に損保会社との交渉をさせると、正当な金額の後遺障害の示談金を受け取ることができます。アトムでは、人身事故に遭った方やそのご家族を対象として、電話無料相談を行っております。お気軽にご利用ください。

保険会社提示額 弁護士基準 差額
442万円 2106万円
1664万円

※よくある事例に基づいて構成した相談例です。実例ではありません。

後遺症5級3号の人工肛門の造設、慰謝料の目安は?

<慰謝料相談例>

はじめまして。私の妹が、広島県で交通事故にあって、後遺症に悩んでいます。

加害者側の保険会社の担当者から慰謝料その他の名目で総計2119万円を出すと示されましたが、その金額は正当か、心配です。慰謝料の目安についてお教えください。

妹の後遺症は、「人工肛門の造設」であると専門の医者に診断され、後遺症第5級3号「胸腹部臓器の機能に著しい障害を残し、特に軽易な労務以外の労務に服することができないもの」に認定されました。

こちらの事務所では後遺症の慰謝料を弁護士にLINEメール無料相談できると聞いて、質問しました。

交通事故被害者ご本人の情報
事故~治療終了 665日間
入院期間 332日間
休業日数 368日
事故時の年齢 64歳
事故前の年収 341万円

<慰謝料に詳しい弁護士の回答>

ご相談のケースの弁護士基準の慰謝料と示談金の概算値は、以下の通りです。保険会社から提示された慰謝料は、正当ではない可能性があります。

慰謝料と示談金概算値
入通院慰謝料 342万円
後遺障害慰謝料 1400万円
休業損害 501万円
逸失利益 2080万円
総額 4324万円

<弁護士アドバイス>

弁護士事務所に保険会社との交渉代理を依頼すると、正当な金額の後遺症の慰謝料を受け取ることができます。アトムでは、人身事故に遭った方やそのご家族を対象として、LINEメール無料相談を実施しております。お気軽にご利用ください。

保険会社提示額 弁護士基準 差額
2119万円 4324万円
2205万円

※よくある事例に基づいて構成した相談例です。実例ではありません。

あわせて読みたい

1 / 1,67012345...102030...最後 »

アトムの示談金の増額実績

無料出張相談

重傷を負ったご家族の介護や付き添いで忙しくありませんか?

ご家族が交通事故で後遺障害を伴う重傷を負われたケースなど、一定の条件を満たす場合は、弁護士が無料であなたのところに無料出張し、慰謝料増額のための法律相談を行います。

無料出張相談

ご家族が交通事故で後遺障害を伴う重傷を負われたケースなど、一定の条件を満たす場合は、弁護士が無料であなたのところに無料出張し、慰謝料増額のための法律相談を行います。

「 全国対応の無料出張相談 」


全国10か所に事務所があるアトム法律事務所ならではのサービスです。

無料相談を利用する。

弁護士が慰謝料の増額を診断する。

  • 無料の出張訪問相談は一部の案件に限られます。
  • ご家族が重傷を負って介護で忙しい案件を想定しています。
  • 条件に該当しない場合は、無料出張相談はできません。
  • まずは無料相談であなたの話を聞かせてください。

弁護士が出張訪問する。

  • 相談料は無料0円です。
  • 慰謝料の増額や後遺障害の認定を相談することができます。
  • そのまま弁護活動を依頼すれば事件の解決がスムーズです。

弁護士に弁護活動を依頼する。

  • 着手金は無料0円です。
  • 弁護士費用は賠償金受領後の後払い制です。
  • 弁護士費用特約を使うことができます。
アトムの弁護士による示談金の増額実績
詳しくはこちら

交通事故LINE弁護団のご案内

アトムの「交通事故LINE弁護団」を友だち登録すれば、以下のメリットを無料で受けられます。
LINEアカウントでお得な無料相談を受ける!上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます
LINEアカウントでお得な無料相談を受ける!上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます LINEアカウントでお得な無料相談を受ける

アトム法律事務所のご紹介

アトム法律事務所は、後遺障害を負った被害者の救済に精力的に取り組む弁護士事務所です

あなたの慰謝料が正しいか今すぐ診断 電話で弁護士に相談する 0120-465-911 LINEで弁護士に無料相談する メールで弁護士に無料相談する

はじめよう、LINEで弁護士に無料相談

© 2016 Takeshi Okano RM Last Updated June 2017